個人輸入ビジネスでの関税コスト

個人輸入ビジネスのもっとも大きな重りとなるものは「関税コスト」です。

 

関税は金額が大きくなると課税適用させてしまいます。
代表的な関税対象アイテムには、ブランド品や食料品などが挙げられます。

 

関税の知識を深め、対策をしっかり立てる必要があるでしょう。

 

 

関税についての詳しいサイト

 

関税についての情報を得たい場合は、「ジェトロ(日本貿易振興機構)」をチェックするといいでしょう。

 

ここでは、個人輸入でよくあるトラブルに関する対策知識や、取引に使われる英字定型文サンプルを得ることができます。

 

また、詳しく話しを聞きたい場合は「東京関税局」に問い合わせてみるといいでしょう。

 

◎東京関税局

 

東京関税局相談官 電話番号 03-3529-0700

 

 

 

個人輸入の関税率

 

個人輸入の関税適用対象となるのは、「商品代金の60パーセントを超えた分」が個人用品特例として課せられます。

 

しかし、商品金額が10000円未満だと課税されません。

 

個人輸入をビジネスとして展開した場合、取り扱う商品の数が増えますから当然関税がかかります。

 

大量仕入れなどで値引き交渉をしたりして、利益をはじき出す必要があるでしょう。
なお関税は、輸入する商品ごとに税率が違います。予め詳しくチェックしておきましょう

Link

相続税の申告、相続財産の名義変更、遺言の作成のご相談はSBC相続サポートセンター大阪にお任せください。
相続税 大阪

 

東京の渋谷で会社設立を目指すなら!起業実績多数の当事務所へ。
東京の渋谷での会社設立

カテゴリ

最新記事


海外通販と個人輸入のススメ > 個人輸入 > 関税コスト