個人輸入と円高の関係

円と取引相手の現地通貨のレートが大きく影響

個人輸入は、円と取引相手の現地通貨のレートが大きく影響します。

 

現在の日本の円は諸外国の通貨と比べて、圧倒的に強いと言えます。

 

そのため輸入ビジネスは比較的利益をはじき出しやすく、海外のアイテムを安く仕入れることができます。

 

もし、あなたが個人輸入をビジネスとして進展させようと考えているのならば、この円高が続いているうちに行動しなければなりません。

 

 

個人輸入の利点は、中間マージンを排除できることと、通貨高の恩恵を受けることができることです。

 

この2つのメリットがあってこそ、素人でも比較的簡単に利益が出る可能性のあるビジネスのひとつだと言えるのです。

 

もしこの2つの恩恵のうち、どちらかがないとすれば、関税、運送費などのコストがかさみなかなか利益をあげることができません。

 

時流にのったビジネスこそ、「輸入ビジネス」だと言えるわけです。

 

 

円高がいつまで続くかは、実際誰にもわかりません。

 

何かを拍子に、手のひらを返したかのように円安にすすんでいくコトだってあります。

 

「時は金なり」とよく言ったもので、流行を逃してはビジネスは成功しないでしょう。

 

通貨高が味方になってくれているうちに、少しずつ経験して、個人輸入のノウハウをマスターしましょう。

Link

本気SEOは100以上のキーワードで上位表示し、競合と圧倒的な差をつけて独占市場を目指します。
自分でSEO対策ブログ

 

 

静岡で会社設立をお探しなら!起業から税務まで万全の当事務所へ。
http://www.hamamatu-seturitu.jp/

カテゴリ

最新記事


海外通販と個人輸入のススメ > 個人輸入 > 個人輸入と円高の関係