与論島旅行★

こんにちはー。

 

今回は最近テレビなどでも紹介されて知名度が一気に上がった「与論島」についてご紹介します!

 

 

鹿児島県の最南端に位置する与論島ですが、鹿児島県とは名ばかりで

 

沖縄県と目と鼻の先にあり、本島とはわずか28qしか離れていません。

 

島へのアクセスは直行便がないので鹿児島・奄美大島・那覇のいずれかを

 

経由することとなり、天気の良い日には沖縄本島を望むことができるほどです。

 

歴史や文化を取ってみても他の島々と比べて

 

琉球的な要素が強く、沖縄同様マリンスポーツが盛んです。

 

 

周囲23qのサンゴ礁で形成されている与論島は、エメラルドグリーンの海と

 

白砂のビーチがとても美しく、年間を通して温暖な気候なので観光客も多く訪れます。

 

沖縄との間にある海域にて水深500mからくみ上げた海洋深層水から作られる塩や

 

サトウキビの絞り汁を発酵・熟成させた「きび酢」などが特産品として有名です。

 

 

様々な観光スポットが点在している島ですが、

 

特にオススメなのが幻の白い砂浜と呼ばれている「百合ヶ浜」。

 

なぜ幻かというと、この浜は春から夏にかけて大潮の干潮時間帯にのみ出現するからです。

 

秋から冬にかけての期間は潮の引きが少ないので出現しません。

 

潮が満ちてくるとまた波のしたに隠れてしまうので、

 

出現する時間や位置・大きさはその都度変化します。

 

百合ヶ浜まではグラスボートなどで渡ることが出来、

 

晴れた日に訪れるこの場所はまさに地球の楽園!!

 

南国のお土産として人気のある星砂も拾うことが出来るので、是非探してみてください。

 

 

その他にも、様々な体験ができる施設や昔から現在までの与論島について

 

理解を深められる資料館や城跡などがあるので、是非足を運んでみてください♪

 

与論島のパッケージツアーを扱っている旅行会社も増えてきているので、利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

カテゴリ

最新記事


海外通販と個人輸入のススメ > その他 > 与論島旅行★